どういう場合・どのような歯のときに、抜歯となるのでしょうか

どういう場合・どのような歯のときに、抜歯となるのでしょうか。
「歯科矯正学(医歯薬出版)」によれば、次の3つになるそうです。

大人の出っ歯には、三つのタイプがあります。
1 上の前歯が外側に反っている出っ歯。典型的な出っ歯といえばこのタイプです。2 下の顎の骨が小さくて下の前歯が後ろに下がってしまっているケース。

アゴの方が後退しているので、上が出っ張って見えるということです。3 上の顎の骨自体は大きいけれども、前歯が大きく内側に倒れているタイプです。形としては歯が引っ込んでいるので、本人が出っ歯として自覚を持っていない場合がほとんど。治療を行なうための通院費なども医療費控除できます。

ですので、必ず領収書を発行してもらって、その領収書は大事に保管しておきましょう。

これらの基準に加えて、患者の要望や医者の経験などが加味されて、抜くべき歯を決めるのです。実際によく抜かれる歯は、大人の場合は「第一小臼歯」。

これは、奥歯の中では、一番手前に生えている歯です。
歯列矯正を行う期間は、子どもだと1年から2年、大人になってからだと5年以上かかることもありましたが、医療技術の進歩により、従来の約30%程度に短縮できるようになってきています。インプラントの費用は、インプラントや人口歯の種類、歯科医師と歯科技工士のスキル、保障期間、人件費、医院の立地等の様々な要素が影響しているようです。インプラントしようにも顎の骨がなく、骨を作る場合は骨造成手術を行う為、インプラント費用とは別に費用がかかります。すき間のある歯や不揃いな歯、欠けた歯を、すばやくきれいに修正することが出来ます。この他、クラウン歯の全面を削り、セラミックスやハイブリット素材の冠(クラウン)をかぶせ、歯の形、色、機能を再現する治療法もあります。
ホワイトニング費用の決定要因は、歯科医によるところが大きく、基本的に歯科医院の立地、導入機械や設備などに影響されます。セラミックブラケットの欠点は,金属製のブラケットに比べて,その材料の性質上,丈夫でないことです。そこで、前歯にはセラミックブラケットを使用し、大きな力がかかる奥歯には従来の金属製のメタルブラケットを使用するなど、このセラミックブラケットとメタルブラケットを併用して利用することで,セラミックブラケットの問題を解決できます。

さらに、最近では、インプラントという最新の矯正方法があります。 このインプラントは、ブラケットが歯に装着するのと違い、歯茎にインプラントを挿入して固定します。このため、従来のブラケットの歯と歯をワイヤーで結んで歯を動かす矯正では、固定している歯自体が動いてしまうという欠点がありましたが、インプラントでは歯茎に固定しているため、歯が動くことはありません。


歯を白くする歯磨き粉